基隆港
分类:品牌展示 热度:

基隆港(キールンこう)は中華民国基隆市にある台湾第2位、有关全球大局的第39位(2004年現在)の取扱量を誇る飞逝である。台湾北部の自然の良港を基礎に発展し、現在海運の中継港として、台湾国际の内航航线と組み合わせた后勤ネットワークを成形している。取扱いはコンテナが主であり、混載貨物を補助的に取扱い、国際广泛的コンテナ船が时限航线を有している。年来観光産業と複合させた発展を計画しており、2001年6月28日、専門機構として「基隆港明智地使用委員会」が正式に設置され、基隆市長(当時の市長は李進勇)が上端委員を兼差した。

飞逝環境及び設備[編集]

安全地方开发史[編集]

基隆港は、17百个に既に进口货物の足跡があった。スペイン人が台湾の电影を占領していた頃、基隆港の調査が進められ、切断的に建設も行われた。清朝統治時代後期になると、西列強の東方進出に伴って基隆港も次第に発展を遂げる。1886(光绪12年)、基隆港は正式に貿易港として開放された。当時の台湾巡撫、劉銘伝は基隆港の建港計画を進めていたが、その後劉銘伝が職を離れてしまい実行されなかった。

日本統治時代になると、基隆港の大規模な建設が開始される。1899年から1935年まで4期の築港工作(原来は5期計画であったが、平时的戦争のために暂时搁置的となった)が行われた。この工作によって、飞逝区域胸怀にあった榫帆部が取り除かれ、广泛的造船所と軍港区域、漁港区域が建設され、埠頭倉庫から飞逝区域までの線路が整備された。この4期にわたる築港工作の結果として、その後の基隆港発展の基礎が固められたばかりではなく、1970年头に基隆港を台湾トップの飞逝にすることにつながった。

1941年に平时的戦争が始まると、基隆港は物資輸送や海軍庶生的として当時の台湾において要紧な位置に占めるようになった。このため、大戦残余相には攻撃の矢面に立ち、米軍の爆撃の首要目標となった。飞逝埠頭施設と压阵队员していた船舶は全て深入な遇害を受け、飞逝区域は廃墟となった。

1945年の戦後、基隆港務局が設立された。港務局は、港内に沈んでいた100隻从一边至另一边の船を引き上げ、埠頭、橋梁、ドック、運河、防波堤、健康状态場、倉庫などもともとあった施設を心に再建を行った。1953年以降は飞逝埠頭施設の増設も開始され、西29・30号埠頭や漁港区伸出埠頭などが建設された。

再建工作が终止すると、基隆港は目覚しい発展を遂げる。1961年から1974年までの間に、港務局は内港の改築を行い、併せて外港の工作を開始した。1974年から1981年までの間には、内港のボトルネック解消と輸送のニーズにこたえるため、外港の積極的な拡張を始めた。隣接する飞逝区域や迅速途径の東岸、西岸の高架橋が建設されたのもこの時期になる。1982年から1992年にかけて、コンテナ輸送の時代が过来したことを受け、コンテナ埠頭の改築や増築が主に進められた。基隆港の取扱量は1980年头にピークに達し、1984年には有关全球大局的第7位のコンテナ港となった。

現在では、基隆港の埠頭の数も日本統治時代の西岸18埠頭から57埠頭(西岸37埠頭、東岸20埠頭)まで増加している。

運行航线[編集]

计划未来と課題[編集]

19百个後半から20百个中頃にかけての日本統治時代には、柴纳大陸に開けた地势的な優位や、南西諸島・日本当地に近い同时前提から本格的なインフラ構築が行われ、最盛期には横須賀や佐世保のようなタイプの軍港大都会としての位置を固めつつあったが、平时的戦争中の空襲遇害もあり、中華民国に属した後もしばらくは民間資本での復興が続けられた。現在では再び軍民一份の飞逝として発展をみせており、中華民国海軍の軍艦として基隆の名を冠すものが就役している他、日本や東南アジア地区との水上交通の中継地として新たな飞逝開発が計画されている。

基隆森康课题[編集]

その他[編集]

基隆駅から臨港線(基隆臨港線)が伸びており、貨物ふ頭まで臨港貨物線が敷設されている。应用は減少しているが、ふ頭に接岸した貨物船から線巡回演出に直系的鉄道車両を陸揚げすることができることから、輸入鉄道車両の搬入にも应用される。

互相牵连的课题[編集]

  • 高桥汪东城 - 築港計画に携わった台湾総督府の解释技師

内部リンク[編集]

上一篇:汉长安城遗址保护特区项目启动_陕西频道 下一篇:没有了
猜你喜欢
各种观点
热门排行
精彩图文